人気ブログランキング |
ブログトップ

老いの春を、煌いて生きる

mahorobayy.exblog.jp

悔いなく生き切ることを目指す75歳の青春日記

知ってください、減塩の危険性!

あなたは「減塩」することが正しいと信じていますか?

だったら、一度でいいから、立ち止まって しっかり調べてみてください。
本当に、減塩が必要なのか、あなたの健康にとって正しい選択なのか。

a0080610_1425456.jpg


世をあげての減塩運動に危機意識を持って、
「いのちの海のものがたり・・・「塩」のない人生なんて。」を書いたのは10年前でした。

しかし、10年経った今も、医師は馬鹿の一つ覚えのように減塩を叫び、降圧剤を処方し続けています。
減塩が始まって50年も経っているのに、結果として高血圧が減るどころか増えていることや、塩の摂取量が少ないほうが脳卒中や心筋梗塞が多く、多い方が健康だというデータも出ているとも言われています。

 安保徹・石原結實 対談 http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titoku105.htm

食品業界も、相変わらず添加物だらけの減塩商品を、健康のためにと 開発し続けています。
カネの流れが情報を支配し、医療も経済も支配する、この國の現状は、変えようがないのでしょうか。

だとすれば、食育基本法も言うように、私たち国民一人ひとりが、情報を選び、賢い選択をするしかないということでしょう。


家族を守り、健やかな子供を産み育て、生涯現役を、と望むならば、減塩は正しいのか、と一度はしっかり疑って見ることをお薦めしたいと思います。

もちろん、塩の過剰摂取もマイナスを伴うので、適量が大切ですが、少々の過剰は、野菜や海藻などで摂取するカリウムの量が足りていれば、余分のナトリウムは排泄されるので心配はいらないと思います。
基本的に、塩を舐めて美味しく感じる時は、まだ必要なときだと心得、75年間 存分に塩を摂取しながら健康を維持してきた私の体験から、そう申し上げます

上記の10年前の記事でも、お読みいただけたら、お役に立つと思いますが、要点だけを以下に例示しておきます。

なお、このブログの内容につきましては、あくまでも ひとつの観点の提示であり、私見が正しいと主張するものではありませんので、皆様の主体的判断で受け取り、様々な観点から、ご自分なりの判断で、選択していただきたいと思います。

1.私たちの命の仕組みは、原始の海の成分を、血液として利用するように作られている。

2.従って塩が不足すると、様々な障害が起きる可能性が強い。例を挙げると・・・

 ①気力や筋力が低下する。

 ②塩を原料とする胃液が出なくなり、消化不良や食欲低下をもたらす。

 ③血液の性状や流れに影響し、結果的に高血圧やガンを助長する可能性
  がある。
   
  森下敬一 http://50goen.com/bketuekitosiolankpage.html

 ④体温が低下し、免疫力が低下する。(上記安保・石原対談)
   
3. 放射能対策が重要テーマである今の日本では、放射能に対する塩の力も
   大事かと思います。

   「死の同心円」で知られる秋月辰一郎先生が、爆心地から1.4キロの
   浦上第一病院で被爆しながらも、原爆症の人たちを治療し続け、ご自身も、
   スタッフの方々も原爆症に負けなかった事実が、塩と味噌、そして玄米の
   働きの素晴らしさを物語っていると思われます。

   結果的に、秋月先生ご自身は89歳まで生きられました。
   塩ばかりでなく、生きた味噌醤油と腸内フローラによる免疫力アップ、
   玄米の成分による抗酸化力アップと排毒力の促進も認識する必要がある
   と思われます。

   参考 食べ物で放射能対策 http://radijp.net/naturalsalt.html
                http://ishiimiso.com/miso/kono.html

by mahorobanokimi | 2016-05-23 14:30 | 非常識な健幸情報